夏は、アイスなどの冷たいものが欲しくなります。
今年は熱くて、クーラーのきいた部屋から出たくない人も多いのではないでしょうか。

クーラーが適度に効いていると、冷たい飲み物や食べ物も、そんなには欲しくないでしょう。
でも、帰宅したばかりとかだと、汗だくです。

汗を大量に書いて帰宅した人ならば、冷たいお風呂に入ろうかな、と、思うかもしれません。

でも、その前に、やはり冷たい飲み物を1杯は飲むのではないかなと思います。

氷水もいいのですが、ひと手間かけてかき氷もおススメです。
手回しかき氷機でも、十分美味しいかき氷が作れますよ。

そこで、最近の私が気に入っているのは、手回しかき氷機にいれる氷作りのカップです。

かき氷機に入れる氷の形がバラバラだと、かき氷機のハンドルが回しづらいのです。

百円ショップで、便利な氷作りカップが売っています。
そのカップは、3個セットとかになっています。
そして、かき氷機でかき氷が作りやすいように、丸い形の氷ができます。

氷をカップから出すときには、カップを見ずに浮かべるなどするといいです。
カップに接している部分の氷が解けて、固まった氷が スルッと抜け落ちてくるからです。

あとは、手でガリガリハンドルを回せばOKです。

アイディア次第で、いくらでも好きなフルーツとかをのせることができます。
綺麗なかき氷ができると、とても楽しいですよ。

電動式の便利な電気製品がたくさんあります。
なので、あえて、手まわし機でやってみました。
たまには、レトロな機器もいいかなと思います。

夏は、ジュースも良いのですが、それよりお勧めは、フルーツです。
フルーツなら、食べてすぐに新鮮な栄養素も吸収できます。
なので、体にも気づかいができて良いと思います。

フルーツといえば、田舎の畑ではメロンとかスイカとか、お野菜以外にも色々作っている人がたくさんいらっしゃいます。
私のそばの畑も、農家の方が色んなものを作っておられます。

そんなに大きな畑でなくとも、とてもたくさんの農作物が採れるようですよ。

小さなメロンなどは、蔓にたくさんなっています。
私もメロンの苗を植えたことがありますが、メロンの実が熟したのは、匂いで分かりました。
苗を植えてから放置していたのですが、たくさん茂っている葉っぱの下に、コロッとしたものがありました。
メロンらしい臭いもしていたので、「あ、メロンが本当に収穫できる大きさになっているんだ!」と気が付きました。

田舎のお店では、150円位で売っている、小さなメロンです。
でも、苗を植えると放置しても大きくなってくれました。

小さな(表面のつるつるした種類の)メロンは、自分が植えてみて「そんなに手をかけなくても、家庭菜園でも収穫できるものなんだな」とわかりました。

果物も野菜は太陽の光のおかげで、エネルギーがギュッと詰まっているのでしょうね。

私は、昔から自然と一緒に暮らすのが好きです。

では。