朝か夕方の、日差しの柔らかい時間なら、運動するには最適かもしれません。

季節によらず、日差しの柔らかい時間帯は、徒歩の運動がやりやすいと思います。

熱いときや寒いとき(雪の降る地方は降雪が多いとき)は、体にも負荷がかかると思います。
体にかかる負荷は、適度ならば良いのですが、やはりやりすぎはよくないでしょう。

私も色々やってみた経験があります。
どのようなことかというと、過激な運動とか、あとは、たまにしか運動しないとかです。

どちらも、おススメはしません(笑)

体は、動かさないと本当になまっていきます。
一度なまってしまうと、回復するための運動からやり直しになります。

ですので、できれば、週何回とか定期的に運動や体の手入れができるといいと思います。

運動だけでなく、入浴も体を回復させてくれると思います。

入浴は、自分の好きな香りの入浴剤などをたまに使ってみるとか。
時には好きなフルーツを浮かべてみるとか(ゆずとか)も、気分転換になりますよ。

私は日々、少しずつ気分転換をするのも好きです。
外で楽しい経験をするのも良いのですが(映画とか、何かセッティングした行事?)、自分でできる楽しいことも好きなのです。

心に余裕が持てるようになりますし、小さな気分転換でも、効果は大きいと思います。
小さな気分転換を こまめにしていると疲れにくくなります。

そして、大事なことがもう一つあります。
それは、自分の好きなことを大切に扱うことです。

自分の好きなことならば、長く続けられるし、楽しくやっていけます。

好きなことには心も込めやすいので、好きなことをして何かを作り上げると、なぜか人にも喜ばれたります。
楽しい気持ちが、相手にも伝わるのかもしれませんね。

自分が好きなことは長く続けられるので、自然とそれをするときに必要な技術も上達していきます。

好きなことで何かを作り出すと、自分も楽しい上、周りの人にも喜ばれるという、不思議なことがおこります。

また、癒す言葉についてですが、言葉そのものにもエネルギーがあるのでしょうか。
それとも、言葉に心のエネルギーがこもるのでしょうか。

どちらにせよ、人は心のこもった言葉には、癒されます。

人間関係は、心と言葉などが重なって、お互いを大切にできると、幸せな環境になっていきます。

特に注意しなくてはいけないのは、自分のセルフトークです。

自分へマイナスの言葉を使い続けると、ネガティブな心理状態が普段から続くことになります。
すると、その心理的な葛藤や摩擦が、顔とか態度に現れてきます。

自分の中で繰り返している言葉のはずが、外見に現れ、他人へ影響を与え始めます。
ですので、あなた自身がまず自分を癒し、自分を大切にすることが重要なのです。

自分を本当に愛し、自分を癒す言葉を、こまめにかけてあげてくださいね。
あなたが自分を大切に扱えば、あなたの内面が周りの人にも伝染して、よい空気になると思います。

そして、あまりにもネガティブで人の足を引っ張る人とは、距離を置いて、人間関係を整理していくこと大事です。

自分へのセルフトークをプラスにすると、長い目で見ると、たくさんプラスのことが起こるんですね。
だから、自分のことも、自分の好きな「ちょっとした趣味」も、大事にするといいと思います。
後から、そのスキルが皆の役に立ったりしますので、好きなことは一生かけて続けていくことがプラスになると思います。

では。